オスロのビーチスポット Gressholmen編

意外かもしれませんが、オスロの周辺には湖だけではなく、美しいビーチがいくつも点在しています。とにかく雪のイメージが強いノルウェーで海水浴なんてできるの?と疑問に思うかたもいるでしょう。夏のオスロは30度に達することもあるんです。特に今年は異例で、5月でもすでに30度を超える日々が続きました。湿気が少ない分、爽やかではありますが、日照時間が長いことから日差しの強さのピークは夕方以降。19〜20時をまわっても昼のような感覚でビーチライフを堪能できます。昨年の今頃、LifeHackerに寄稿させていただいた「在住者が教えるオスロの歩き方」という記事のなかでもご紹介したようにいずれのビーチも市街地から10〜20分足らず。今日はGressholmen(グレスホルメン)を紹介します。

オスロ湾(オスロフィヨルド)には緑溢れる美しい離島がいくつも浮かんでいます。Gressholmenはそのひとつ。オスロ市庁舎と目と鼻にあるAker Brygge(アーケル・ブリッゲ)の波止場からB4番フェリーに乗り込みます。ゲート前の券売機でゾーン1のシングルチケット(2018年5月時点で35 NOK)を購入。NSB鉄道・地下鉄・バス・トラムのいずれかに乗ってきた方は、そのまま同じチケットで乗り継いで問題ありません。島には春夏限定のGressholmen Kroというレストランバー&キオスクがありますが、スーパーなどはないので必要なものは事前に調達しましょう。Aker Bryggeにはフードトラックがたくさん並んでいるので、それを利用するのも◎

島までは10分のプチクルーズ!もちろんオスロフィヨルドが見晴らせるデッキ席がおすすめです。

着きまして今度は島の波止場からの一枚。海の向こうに見えるのがオスロの市街地です。フェリーは頻繁に出ていますが、19〜20時頃はラッシュで長蛇の列ができるので、戻りの便は到着時にチェックしておき、早めに並ぶのがよいでしょう。この日はあまりの人の多さに臨時便が出るほどでした。

天気のいい日には個人所有のボートがぷかぷか。夏はボートが趣味、というノルウェー人はかなりいるんです。

緑に囲まれた小径を進んでいくと、いくつもの入江が見えてきます。波止場から島の奥までは15〜20分程度。いずれも波の立たない穏やかな海なので、小さなお子さん連れでも安心です。

日光浴、読書、ハンモックでお昼寝...。思い思いにひとりの時間を楽しんでいるひとも。必ずしもカップルやグループで来るのがお決まりではない。そんな再発見がある北欧のビーチです。

レジャーからビジネスまで、北欧、ノルウェーのことならMomojinまで。お気軽にお問い合わせください。


BORIOSLO(ボリオスロ)は、変わりゆくオスロの「いま」を在住者目線でお届けするインディペンデント・オンライン・ガイドです。掲載されている記事、写真を無断で転載、流用することは固くお断りいたします。連載に関するお問い合わせ、寄稿のご依頼はこちら取り上げてほしいトピックも募集しています。

BORIOSLO er en uavhengig online guide til Oslo for Japanske expats og andre reisende. Vil du at vi skal promotere dine hendelser og aktiviteter? Ta gjerne kontakt

Archive
Categories